ダイエット食品 豆乳ダイエットレシピ

豆乳ダイエットレシピ

ダイエゥト食品 
スウィートポテト豆乳レシピ


大豆のオリゴ糖が腸内善玉菌を活性化させ、さつまいもの食物繊維が大腸の蠕動運動を促します。

【材料】: サンユク調製豆乳1/2カップ・さつまいも80g・
りんご1/4個
【作り方】: @さつまいもはラップに包んで電子レンジで3〜4分加熱し、皮をむいて適当な大きさに切る。
Aりんごは皮をむいて適当な大きさに切る。
Bすべての材料をミキサーにかける。


豆乳かぼちゃスープレシピ

かぼちゃに含まれる、食物繊維が中性脂肪を排泄します。

材料:
(1人分) かぼちゃ小1/4・サンユク調製豆乳150cc
作り方: @かぼちゃをゆでて皮をむき、ミキサーにかける。
A@をなべに移し、コングックを注ぎ混ぜながら加熱する。
B塩コショウで味を調える。
小麦粉を加えなくても加熱するだけてとろみがつき、コングックならスープストックなどを加えなくても美味しいので、ローカロリーでヘルシー!

ほんの一例ですがダイエット食品 豆乳ダイエットレシピお役に立ててください。

posted by ダイエット食品 at 22:16 | ダイエット食品 豆乳ダイエット

ミネラル豆乳ダイエット

ミネラル豆乳ダイエットについて

ミネラル豆乳ダイエットは一連のパイン、バナナのジュースシリーズです。
野菜をたっぷり摂り野菜のミネラルと豆乳の効果によって、ダイエットを行う方法です。

【作り方】
豆乳 200CC+ 野菜ジュース 200CC(市販の物で良い)
これだけです。

これにプラス野菜、くだもの例(トマト、りんご、小松菜など)をジューサーで作ればより良いでしょう。

簡単に作れる物ばかりなので、一度試してください。

パイン豆乳ダイエット 豆乳バナナダイエット ミネラル豆乳ダイエット 成功お祈りします。
posted by ダイエット食品 at 22:59 | ダイエット食品 豆乳ダイエット

豆乳バナナダイエット

豆乳バナナダイエットについて

先回はパイン豆乳ダイエットでしたが今回は豆乳バナナダイエットです。

最近はいろいろなダイエットの組み合わせが流行しますが、これもダイエット効果のある食品を組み合わせたもの。
低カロリーで腹持ちがよく栄養バランスが整っているダイエットです。

豆乳とバナナをミキサーにかけドリンクします。豆特有の臭みも、バナナの香りで消えてしまうのです。ですから、豆乳が嫌いでもおいしく飲めます。

豆乳のタンパク質、イソフラボンとバナナの食物繊維、ビタミンEが効果的に組み合わされます。

これが豆乳バナナダイエットです。
飲み方は前回とほとんど同じです。
posted by ダイエット食品 at 22:19 | ダイエット食品 豆乳ダイエット

パイン豆乳ダイエットの方法

パイン豆乳の作り方と飲み方
パイン豆乳ダイエット

【材料】
パイナップルジュース(果汁100%) 100cc
豆乳 100cc
コップにパイナップルジュースを100ccいれます。(パイナップルジュースを先に入れた方が、よく混ざります)
豆乳100ccを加えます。
スプーンなどで、よくかき混ぜればパイン豆乳の出来上がり。

※パイン豆乳は作って時間がたつと酸化が進み、また雑菌が繁殖する危険性がありますので、作りおきせず作ったら30分以内に飲むようにしてください。
※大豆やパイナップルにアレルギーのある方は、飲むのを控えて下さい。

【パイン豆乳の基本的な飲み方】
1日に飲む分量は、400〜800cc(コップ2〜4杯)です。
朝食代わりにパイン豆乳を200〜400cc(コップ1〜2杯)飲みます。
残りは、おやつ代わりや空腹時に飲みましょう。
あまりたくさん飲むと、パイナップルが体を冷やすため、体調を見ながら1日800ccを上限として下さい。

パイン豆乳ダイエットの方法
posted by ダイエット食品 at 22:07 | ダイエット食品 豆乳ダイエット

パイン豆乳ダイエット

パイン豆乳ダイエットについて

ダイエットを行う場合、食事の量を減らし、食事の内容も植物性のものを多く取ることが基本ですが、食事を制限するダイエットでは、空腹感に耐え切れない、栄養バランスが偏るなどの問題があります。
 そこで、栄養的に優れ、満腹感が持続する豆乳を摂ることにより問題が解決するのです。
 豆乳のにおいが苦手な方でも、パイナップルジュースを混ぜることで豆乳のにおいが和らぎます。また、ヨーグルトのようになるので満腹感が得られます。

【豆乳とパイナップルの効果】

豆乳に含まれているタンパク質をとると、体内でダイズペプチドという物質が作られます。このダイズペプチドは、腸で吸収される時に血流を活発にして基礎代謝を向上する働きがあると考えられています。つまり脂肪燃焼効果が期待されています。
 また、豆乳にはダイズサポニンという物質が含まれています。このダイズサポニンは、余分な脂肪や糖質の吸収を抑える効果が期待されています。

豆乳を飲んで体内で作られるダイズペプチドは、分子が大きく吸収率が悪いという欠点があります。

 そこでパイナップルに含まれるブロメライン、ブロメリンというタンパク質を分解する酵素が解決します。肉料理の時に、肉をパイナップルの絞り汁に漬け込むと柔らかくなることはよく知られています。これは、パイナップルのタンパク質分解酵素の働きです。
 つまり、パイナップルと豆乳を合わせたパイン豆乳ダイエットは、パイナップルに含まれるタンパク質分解酵素が吸収率のよいダイズペプチドを作り出します。吸収率のよくなったダイズペプチドをはじめ、ダイズサポニン、オリゴ糖(腸内の善玉菌の活性と水分調節をするため、腸内環境を整え便秘解消に効果あり)、レシチン(悪玉コレステロールを減少させる)などが相乗的に働き、ダイエットに効果を発揮します。
これがパイン豆乳ダイエット です。
posted by ダイエット食品 at 21:57 | ダイエット食品 豆乳ダイエット

豆乳ダイエット

豆乳ダイエット

健康食品ダイエット食品としての豆乳

豆に含まれる大豆ペプチド・大豆サポイニンがダイエット効果ももたらし、ダイエット食品として効果を発揮します。
高たんぱくでノーコレステロール、健康食材として認められている健康食品 です。

豆乳とは

豆乳とはゆでた大豆をすりつぶして絞った汁のことです。


市販されている豆乳は大きくわけて3タイプに分かれます。

・ 無調整豆乳…大豆を絞ったままの濃度の高い豆乳
   (大豆固形成分 8% 以上)
・ 調整豆乳…糖類など加えて飲みやすくしたもので、糖度はやや低め
  (大豆固形成分 6〜8%)
・ 豆乳飲料…果汁などを加えたもので、濃度は無調整の半分ほど
 (大豆固形成分 4〜6%

【豆乳効果】
大豆ペプチドが基礎代謝をアップ
大豆サポニンが余分な脂肪や糖質の吸収を抑制

【ダイエット効果を出す方法】
豆乳ダイエット効果を最大限に引き出すには、食事の前に豆乳を飲むこと です。 食事前 30以内に豆乳を飲むと大豆サポニンが腸に先回りし、腸内 環境を整えて 余分な糖質の吸収を抑えてくれます。さらに、豆乳は腹もちが いいので食べ過ぎを防ぐ 効果もあるのです。

豆乳ダイエットはダイエットの手段としては有効な方法だと思います、一度試してください。
posted by ダイエット食品 at 21:32 | ダイエット食品 豆乳ダイエット

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。