サプリメントダイエット健康食品

サプリメントダイエット健康食品について

栄養は一日3食摂ってる人でも偏りがちになるものです。食生活が豊かにになり好き嫌いが多い現代人、 忙しくてろくに食事を摂れない社会人は特に栄養不足になりがちです。 そんな人におすすめしたいのがダイエット健康食品サプリメントです。 毎日の食生活で不足がちな栄養を手軽に補うにはうってつけと言えるでしょう。

ダイエットサプリメントを摂取する場合、栄養素の相性もあるので注意してください。

服用する際は表示してある使用量を摂るようにしましょう。 例としてビタミンには水溶性ビタミン(ビタミンBやC)と脂溶性ビタミン(ビタミンAやD)の二種類があります。水溶性ビタミンは水に溶けやすく 2〜3時間で体外に出てしまいます。ですので定期的に摂取し一定量を保つことが薦められます。一方、脂溶性ビタミンは脂に溶けやすく 一定量以上摂取すると脂肪として蓄積されてしまいますので過剰摂取は禁物です。 以上のように栄養の成分を良く知ることで、体に合った最適な摂取方法がわかってくると思います。

栄養の相性異なる栄養を同時に摂取することにより、お互いの吸収を助ける相性の良いものがあります。それとは逆に吸収を阻害したりする相性の悪いものもあります。 「これを飲んでいればいいだろう」と只やみくもに栄養を摂っている人は、もしかしたら非効率な摂り方をしている可能性がありますので表示をよく見ておいたほうが良いでしょう。

相性の良い組み合わせ
ビタミンB群
ビタミンB群はすべて水溶性です。これらはどれも働きが似ていることから一緒にとることが効果的です。 相互に作用することによって、エネルギーの供給や体内の老廃物の代謝などを手助けします。
ビタミンD + カルシウム
ビタミンDがカルシウムを吸収を助ける作用を持っています。カルシウムを摂取するときはビタミンDも同時に摂るように心がけましょう
マグネシウム + カルシウム
筋肉と神経に作用し相乗効果をもちます。マグネシウムが不足すると筋肉の収縮が思うようにいかなくなります。
ビタミンC、ビタミンE、βカロチン
これらは抗酸化作用があり人間の身体を酸化させ、動脈硬化などを引き起こし生活習慣病や老化を招くといわれる活性酸素を抑える働きを します。
相性の悪い組み合わせ
食物繊維 + ミネラル
食物繊維の排出効果により、食物繊維に吸収されやすいミネラルは体外に一緒に排出されてしまいます。
ビタミンC + クロミニウム(クロム)
ビタミンCの働きによりクロムは体外へ排出されてしまいます。
posted by ダイエット食品 at 16:56 | サプリメント健康食品ダイエット

健康食品ダイエットサプリメントその3

健康食品ダイエットサプリメント

ダイエットサプリメントの続き

ダイエットサプリメントダイエットに効果がもてる成分とその効果

アミノ酸・・・脂肪を燃やす アミノ酸は体内のリパーゼという脂肪燃焼酵素を活性化させる働きをもっており、これにより脂肪を燃焼させやす体にします。しかしアミノ酸を摂取するだけではダイエット効果は得られません。同時に有酸素運動をする必要があります。そもそもリパーゼは遊離脂肪酸というものを血中内に放出させるもので、これは運動することにより筋肉が遊離脂肪酸をエネルギーと変えやっと燃焼されます。そして筋肉が遊離脂肪酸を燃焼し始めるのは運動後20分後くらいと言われています。ですので脂肪を燃焼させたい方は、アミノ酸の摂取と同時に、ある程度の時間をかけた有酸素運動をすることが大事です。

クエン酸・・・ダイエットのための体作り クエン酸は体内の基礎代謝を活発にする効果があります。人には痩せやすい体質、太りやすい体質などありますが、これは基礎代謝が関係してると言われています。基礎代謝量が多い人ほど食事によって摂取したものを早くエネルギーへと変換し太りづらい体質を作ります。基礎代謝量が少ない人はその逆だとわかると思います。そこでクエン酸です。クエン酸を摂取することにより脂肪・たんぱく質・炭水化物をエネルギーとして燃やす『クエン酸サイクル』が活発になります。これが新陳代謝を促しダイエットしやすい体作りに繋がるというわけです。

L-カルニチン・・・脂肪を減らしやすい体にする 脂肪酸は筋肉のミトコンドリアに運ばれることによってエネルギーとして燃焼されます。L-カルニチンとは脂肪酸をミトコンドリアに運ぶ役目をです。L-カルニチンは歳をとっていくごとに体内で作られる量が低下していくので、それにより年齢に比例して太りやすくなる体質になるというわけです。体内のL-カルニチンの量が増えるほど、脂肪が減りやすくなるのでダイエットをする上では積極的に摂ることをオススメします。

ファセオラミン・・・脂肪の吸収を抑える ごはん、パン、パスタ、甘いものやお酒で摂取した糖質は小腸でα-アミラーゼにより分解されグルコース(ブドウ糖)に変わります。グルコースは血液で全身の細胞に運ばれエネルギーとして燃焼されますが、必要なかった分はインシュリンの働きにより脂肪細胞に蓄えられます。ファセオラミンはα-アミラーゼと結合し、糖質をグルコースに変える働きを抑える効果があります。ご飯、お酒が大好きな人でダイエットしたい人にオススメします。でも食べすぎ、飲みすは控えた方がいいでしょうけどね。

サイクロデキストリン・・・肥満の原因を根元から除去。 肥満の原因となっているのは、主に脂質と糖質(コレステロール)を余分に蓄えていることがあげられます。サイクロデキストリンはその二つを効率的に取り除いてくれる成分です。サイクロデキストリンはドーナツのような形をしており内側が油分をひきつけ、外側が水分をひきつけやすい性質を持っています。その性質により、油分である脂質、水分である糖質をつつみこみ排出してくれます。更には炭水化物が糖質に変化するのも抑え肥満防止にも役立ってくれます。今までのダイエットでなかなか成果が出ない人におすすめなのがサイクロデキストリンによるダイエットです。

サプリメント健康食品ダイエット参考にしてください。
posted by ダイエット食品 at 16:20 | サプリメント健康食品ダイエット

健康食品ダイエットサプリメントその2

健康食品ダイエットサプリメント

ダイエットサプリメント
ダイエットサプリメントによって効率良くダイエットしたい方めに成分とその効果を解説してみました。

今回は五つの成分の解説

トナリン・・・体脂肪を減少し、ひきしまったボディに トナリンとはひまわりの種などからとれる成分で、これは体脂肪を減らす効果があるとされています。トナリンは体内に入ると脂肪を脂肪酸にする効果があると同時に、血液中に送られた脂肪酸をエネルギーに変える速度を促す効果ももっています。実際トナリンでは体重減量はそれほどでもないのですが、体脂肪率を減らし、筋肉を増強す働きをします。これはリバウンドしづらい体質になり、ひきしまった体系を作ってくれるということです。

フォースリーン・・・ダイエット後の・リバウンドを防ぐ ダイエットをすることによりLBM(除脂肪体重)は失われていきます。LBMとは体脂肪を除いた筋肉や骨格、内臓の量のことで、これが減ってしまうと脂肪を燃焼させる筋肉の量が減少しているのを意味し、痩せにくい体質ということになります。そして減量後のリバウンによる体重増加にも影響してきます。ダイエットをする上ではいかに除脂肪体重が減るのを防ぎ、体脂肪を落とすかが決め手となってきます。そこでフォースリーンです。フォースリーンは脂肪細胞内の脂肪を燃焼し、同時に筋肉(LDM)の増強を促します。脂肪燃焼効果はカプサイシンやシトラス以上!太りにくい体を作りつつ脂肪を燃焼させるのに期待が持てます。

異性化リノール酸・・・脂肪を燃焼し、更に太りづらい体質に 異性化リノールは体内の脂肪を脂肪酸とグリセリンに分解する酵素を生産します。その酵素は血液中に脂肪酸を送り、その後脂肪酸はエネルギーと二酸化炭素に変換され、新陳代謝の活動や脂肪の燃焼を促進させます。さらには筋肉細胞内で、筋肉組織の増強が行われます。 つまり脂肪の代謝だけを促進し、脂肪を分解・燃焼させやすくし、さらに脂肪を取り込みづらい体質を作ってくれるのです。

クロム・・・血糖値を抑える低インシュリンダイエット クロムはインシュリンの働きを助け、血糖値を安定させる効果があります。インシュリンが正常に働いていると脂肪とコレステロールの燃焼効率を上げるため高いダイエット効果があります。このインシュリンは太っている人は正常に機能せず常に分泌されています。そうなると血液中にインシュリンが残り脂肪がたまりやすくなってしまいます。インシュリンを低い状態に保っておくのがコツで、このダイエットは『低インシュリンダイエット』と呼ばれ、もしかしたら耳にしたことがある人もいると思われます。アメリカでは定番のダイエットとして人気があります。

カリウム・・・むくみ解消で見た目スッキリ 水太りやむくみの原因となっているのが体内のナトリウム(塩分)の量です。ナトリウムが増えることにより体は水分を欲し、それがむくみの原因となるわけです。ナトリウムは体内のカリウムが減るのと反比例して増えていきます。カリウムは体内の塩分を抑え、水分を排出する働きを持っています。近年では食物からカリウムを摂取しづらく、ストレスなどでも減少してしまいます。一定量のカリウムを保って、手足、顔のむくみを取り見た目スッキリを目指しましょう。

ダイエットサプリメントの成分とその効果は

次の記事に続きます

posted by ダイエット食品 at 16:07 | サプリメント健康食品ダイエット

健康食品ダイエットサプリメントその1

健康食品ダイエットサプリメントについて

健康食
口に入れるものは大きく分けて「食品」と「医薬品」とに分けられます。 健康食品ダイエットサプリメントは分類で分けると「食品」の位置づけになります。「医薬品」とは違うので一般の店頭で販売 することが可能です。

それと同時に病気を治すものでもありません。これは薬事法で取り決められていることで、 健康食品に効果や効能を表示することは薬事法に違反にあたります。

医薬品は「薬事法」で厳しい審査の元販売許可を得ていますが、食品である健康食品は「食品衛生法」で管理されていて、 これは薬事法と比べると審査が比較的易しいです。

食品衛生法でもっとも重要視されているところは、その商品が衛生的で安全であるかどうかということで、栄養面はほとんど管理されていません。

つまり、コンビニやスーパーで売っているサプリメント等は衛生的で安全であるとは言えても、必ずしも栄養的価値があるとは限らないのです。 メーカーは健康に役立たない健康食品をいくらでも作って店頭に販売できるというわけです。

そのため私たち消費者が効率よく健康食品を摂取するには、まずその商品が本当に健康に効くものか見極める知識が必要となってきます。 簡単な方法だとインターネットの口コミサイトなど活用してみるのはどうでしょうか? 実際商品を使ってみたユーザーのコメントを参考にしてみるのもいいかも知れませんよ。

健康食品ダイエットサプリメントその2でダイエットサプリメントの話に続きます。
posted by ダイエット食品 at 15:32 | サプリメント健康食品ダイエット

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。