あるある大辞典チョコレートダイエット

あるある大辞典チョコレートダイエットについて

チョコレートダイエットとは、食前にカカオを含むチョコレートを少量食べ、満腹中枢を刺激し食事の量を減らすダイエット方法です。


あるある大辞典ではチョコレートダイエットの効果が出やすい人と、
出にくい人についての放送でした。
次の項目にあてはまる人は、チョコレートダイエットの効果が出やすいと結論を出していました。


・間食が多い人

理由:普段から食べているお菓子がチョコレートに変わるため

・40歳以上の人

理由:年齢的に基礎代謝が落ちている

・女性の人

理由:男性よりも基礎代謝が低いため

・便秘気味の人

あるある大辞典チョコレートダイエットの良い訳

理由:食物繊維によって便通が促進されるため
チョコレートは体内にすばやく吸収され短い時間で血糖値を上昇させるので、すぐに満腹感が得られ食欲を抑えられます。

チョコレートに含まれるカカオはリパーゼと呼ばれる脂肪分解酵素の働きを活性化させて、脂肪の分解を促す働きがあります。そしてカカオに含まれるカカオポリフェノールという成分が、老化や動脈硬化を防止しストレスを抑える効果があると言われています。

チョコレートダイエットで食べるチョコレートですが、カカオ含有量70%以上のものを選ぶようにしましょう。カカオ含有量70%以下のチョコレートは糖分が多く逆効果です。

当たり前ですがチョコレートを食べ過ぎると高カロリーとなり意味がないので、食べるチョコレートは50g以内にしましょう。

posted by ダイエット食品 at 17:00 | チョコレートダイエット食品

チェコレートダイエット

チェコレートダイエットについて

チェコレートダイエットはカカオ含有率70%以上のチョコレートを食前に食べることによって、満腹中枢を刺激させるダイエット法です。

チョコレートにはダイエット効果が期待できる3つの要素があります。

1)血糖値をすばやく上昇させる働きがあり、食前にチョコレートをとることで上昇した血糖値が満腹中枢を刺激し、食欲が抑えられます。

2)カカオに含まれるタンニンは便秘予防の効果があり、チョコレートには食物繊維が多く含まれているので便秘解消に役立ちます。

3)カカオポリフェノールが甲状腺ホルモンを分泌させるので、全身の血流が上昇し、結果、基礎代謝が高まるります。

チョコレートダイエットのポイントは以下の3つです。

 ・三食きちんとバランスのとれた食事をする
 ・カカオの含有量が70%以上のチョコレートを1日50g(板チョコで半分)
 ・食欲のある人は食前に、食事の量を減らしたいときは食べ終わったあとに食べる

この3つのポイントを踏まえたうえでチェコレートダイエットを実行してください。

また、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールにはダイエット効果以外にもこんな効果が。

【カカオポリフェノールの効果】
・動脈硬化などの成人病を予防
・ガンの予防
・花粉症対策
・ストレス対策

チョコレートダイエットのポイント】
・カカオ含有量70%以上のビターなチョコレートを選びます。
posted by ダイエット食品 at 22:21 | チョコレートダイエット食品

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。